god of cinema

BGMzineネットショップ

https://silentmidnightuk.stores.jp

 

こんばんは、琴乃です。

最近、原田マハをおすすめしてもらって、初めて読みました。

キネマの神様

f:id:backmusic:20180605215510j:image

 

心が温まるどころじゃねぇ…こいつぁ…こいつぁ〜大火傷だよおやっさん…。

と、自分のキャラが崩壊するほどにアツい。

 

あらすじ(引用)

39歳独身の歩は突然会社を辞めるが、折しも趣味は映画とギャンブルという父が倒れ、多額の借金が発覚した。ある日、父が雑誌「映友」に歩の文章を投稿したのをきっかけに歩は編集部に採用され、ひょんなことから父の映画ブログをスタートさせることに。“映画の神様”が壊れかけた家族を救う、奇跡の物語。

 

いや、あらすじからして面白いの隠しきれてへん。笑 隠す必要もないけど。笑

まぁ〜おとーちゃん、めちゃくちゃやんけよ。笑 でもまたこのおとーちゃんが抱いてる映画と娘への愛が泣かせてくるんです。

海外からとんでもない登場人物も出てきて、その人もまた物語により一層の慈しみを与えてる。

 

そして映画好きとしては、本当に震える台詞が盛りだくさん。それに親子愛がタッグを組んだんだからこりゃもう、感動し過ぎて酸素放出できたかもしれない。

映画が好きだ。本当に好きだ。この先もずっと、映画館で映画を観れる幸せに浸りたい。

と、過去最高にこの気持ちが強まりました。面白いですね、映画を観てる時よりも本を読んでいる時の方が強まるなんて。

でも映画館にいる時は、幸せに浸ってるときだから、感情が映画に向いてるんだよね。

 

声出して笑ったり、枕がびっしょびしょになるくらい泣いたり、とにかく読んでる間ほんとに楽しかった。生きる喜びをかみしめるほどでした。

 

すごーく悲しいことも起こるんですけど、ラストがとにかく最高。読者みんなを映画館へ連れていってくれる。

原田さんは本当に映画が好きなんですね。きっと彼女も視界を滲ませながらこの物語を創り上げたんだろうな。美しいですね。

 

そしてこの物語で何より素晴らしいのが、主人公の歩はもう自立しきった女性ではあるものの、物語の中で少女のように成長していくこと。自分にとって何が本当に大切かを見いだすのって、何度でも繰り返されるのかもしれないな。

全てをわかることなんて、いつまでもないんだ。

 

自分や父親の限界を決めつけてしまいがちだったけど、すぐそばにたくさんの奇跡が待ち受けてるんですよね。

自分も、自分で限界を決めつけてしまっているなぁと反省しました。もっともっと、奇跡に向かっていかないとですね。

神様が見てるし。

 

あぐらなんて かいちゃって。