2017.08.09 I don't care! (really?)

私が金髪ショートヘアで前髪が長いのは、幼くみられたくないからと、なめられたくないから。あと覚えてもらいやすくするため。

でも最近、この髪型に価値を感じなくなってきた。

 

幼くみられようが、なめられようが、もはや、どうでもいい。

人は外見が全てだという言葉を、誰から教えられたわけでもなく信じてきた。内面は外見にでるから、その通りなのだと。

私が浅はかな人間を嫌うのは、自分を見ているようだからなのかもしれない。そしてそれを絶対に認めたくなくて、浅はかな人間を意識的に、他人として見てきた。

自分が浅はかだということを飲み込むのは、(無価値な、けれど大切な)プライドを踏みにじることで、それがどうしてもできなかった。

浅はかな人を見下すことで、1番安心を得られた。"私より"浅はかな人がいることは、どんな親切な言葉より、私を落ち着かせていた。軽蔑しながら、安心していたなんてね。

人は外見が全てだという言葉は、たくさんの可能性を含んでいるということを意識しなければならない。そしてこの言葉に縛られてしまっては、何も変えることができない。

 

わたしは本当の自由や、本当のI don't careについて、目を向けてこなかった。私はたった今から、これらについて1番に目を向けていきます。

 

わたしは変わり続けたい。そしてその中で、変わらない自分を育てたい。外見は、勝手についてくるでしょう。