2017.4.12 captain fantastic

こんにちは、琴乃です。

BGMzine、18日からネット販売開始いたします!よろしくお願いします♥︎

 

さて。今日は、映画のお話。

はじまりへの旅 at なんばパークスシネマ

先日、観てきましたよう!

 

笑って泣ける、ファミリードラマ&ロードムービー。問答無用で好きなやつや。笑

今回はストーリーを知って観てもらうのもありな作風かなと思って、萎えるネタバレはなしであらすじも書きますね。

 

個性を消すことはできるか?

Noーーーーー!!!!

 

主人公となる一家(5人兄弟とお父さん)は、人里離れたゴリゴリの森でお父さんの超ストイックな教育方針のもと、まさしくワイルドで各々の個性を最大限に活かす生活を送っている。昼はトレーニングでロッククライミングや狩りをしたり、夜は火を焚いて読書したり皆で歌って演奏をしたり。子供達は学校へ行かずとも、アスリート級の身体能力と大人がぐうの音もでないほどの学力を身につけている。

ここで疑問に思った方もいるのではと思いますが、そうですね。

"ところでお母さんは?"

物語の序盤で死んじゃいます。お母さんのお葬式へ行くことになり、彼らの"はじまりへの旅"が始まるのです。

 

高校三年生の歳にあたいする長男のボウを除けば、子供たちは町にでたことがありません。普段の生活とのあまりのギャップに興奮と緊張はマックスで…。旅が楽しいだけだったら良いのですが、勿論そうもいかず。超人的な野生動物(お父さんは社会を知った上で背を向けてるし)と普通に社会で生きる人間が接するとなれば、溝は深い。

観客は家族の生活の素晴らしさを序盤で知るから、彼らの味方をしたいんだけど、お父さんの兄弟とかお母さんの親とか社会で生きる人間の気持ちも痛いほどわかるので、個人的な葛藤を体感できるんですよね。しかもすごい熱くなっちゃう。なんなら嗚咽我慢するぐらい泣く。wwラストは叫びたくなるぐらい好きだった。(結局主観で喋る)

 

とにかく家族一人一人のクセが強いのなんの。そして愛おしすぎて一人ずつ精一杯の力を込めて抱きしめたくなる。それほど家族それぞれの人間描写が丁寧で、好感を抱かずにはいられない作品だと思います。

そしてストレートすぎるお父さんの愛を、子供たちはどう受け止めているかが最大の見所。お父さんが導くのは手段であり、行動は全て子供達が起こす。愛を持って愛に生きるお父さんと、愛を持って未来を生きる子供達を、美しい景色と彼らの頬を伝う涙の輝きと共に見届けることができて幸せでした。

 

これはロングヒットを期待します。

パンフレットも素敵でした。

f:id:backmusic:20170416234752j:image

 

Good bye!