読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016.12.22 evolution

こんばんは、最近は更新を怠りがちな琴乃です。

ひとつパーソナルな部分についてすごく考えている記事があって、それがまだ完成していないんですよね。下書きにずっとある。いつ公開するでしょうかね。笑

 

さてさて。先日は映画観てきましたよ。

エヴォリューション at シネリーブル梅田

久々のミニシアター。ウーイェイ。

 

これはまともじゃないやつです。頭おかしいけど美意識は高い人が作った映画なんだと思う。笑

冒頭の海の美しさの描き方も異常でした。

最近はまともな作品ばっかり観ていたので、逆にテンション上がりましたね。

舞台は、少年と女性しかいないヨーロッパらへんの人里離れた小さな島なんです。

島のすべての少年がある医療行為の対象になっていて、でもその内容は絶対秘密なんです。もうすでにおかしい。で、主人公である10歳の少年・ニコラがその秘密を探ろうとするんですね。

とにかく終始気味が悪く、不穏です。だけどどうしても見たい、知りたい。普段とは違う場所から好奇心が湧き上がってくるのを感じました。

あんなにも波の音が耳触りだと思ったことはないし、海水が気持ち悪いと思ったこともない。

人間らしさをスクリーンから感じることができなくて、3席ぐらい離れたおっちゃんの呼吸音に安心したほどです。自分の第八感ぐらいを刺激されたような(ないけどw)心地でした。

観てる間、妙に目が冴えてたんですけど最後だけうっかり気が抜けて、一瞬眠ってしまったんです。それがもう悪夢を観た後のような気分に拍車をかけてくれました。

評価としてはよく、美しい悪夢とか言われてますね。そんな感じです。

まともじゃない映画を観たい気分の方にだけオススメします。あと絶対1人で観て。

 

メリークリスマス!良い日々を。

Good bye!

 

f:id:backmusic:20161225000100j:image