2017.5.7 TRP & ZINE UP! part1

BGMzineネットショップ

https://silentmidnightuk.stores.jp

 

こんばんは、琴乃です。

この日はというか前夜から朝まで神戸のTroop cafeにて、City Boy Loungeのパーティーで常に揺れまくってはしゃぎまくって楽しみました。

ゲストのミスターFatima Yamahaのライブセットは、もはやSFでした。(?)とにかくひとつひとつの音がクリアに耳に届き、身体中にショワァ〜〜ジュワァア〜〜って染みわたりました。心地よかった、かっこよかった!!

City Boy Loungeの皆さんのプレイもとっても大好きだったので、常連になります。笑

 

私は音楽を感覚的に、快感を得る為のツールとして楽しみ続けたいな。

もう世の中ね、世知辛すぎっすよ。もう常に逃げ場を求めてますよ。私にとって音楽が逃げ場、結構わたし音楽好きらしくて。笑

 

そして好きな気持ちが人をパワフルにさせるんだなって、ハッとします。

音楽好きな気持ちが伝わるDJのプレイは、聴いててまじテンション上がる。

 

私はというと、何だか最近zine作ることが好きな気持ちみたいなのをすぐ忘れちゃって、思い出しての繰り返しです。もうあの頃には戻れないんだな。

覚悟することって人生を変えるなぁとかしみじみ。

ちょっとこれ以上話すと闇が深まるので、本題にうつりましょう。(前置きだったのかよ今まで)

 

朝イチの新幹線に乗って、代々木公園へ。

Tokyo Rainbow Prideが開催されているとのことで。

 

What's TRP?

年に一度、東京にて行われるLGBTQの祭典。レインボーは、多様性を表すテーマカラーです。

GoogleTENGAなど様々な企業や当事者となる著名人も数多く参加している他、現在悩んでいる人の相談窓口などもあり、日本らしい取り組みも行われています(良くも悪くもと思う)。

 

日本の社会がもっと性の多様性を認めるキッカケ作りとして、例えば同性婚を合法化させる為の運動として、生きづらい思いをしている人の居場所として、など…本当に意義のある祭典だとひしひし感じました。レインボープライドは世界各地で行われていて、東京は10万人以上の来場者で賑わっていたにも関わらず(すごい!)まだまだ規模は小さい方とのこと。

 

私はメインイベントとなるパレード目当てで伺いました。

ディーゼルのフロート(まぁ言わば団体)へ参加することに。素敵なメッセージTシャツをもらいました。

f:id:backmusic:20170516020606j:imagef:id:backmusic:20170516020622j:image

Make love not walls!

メッセージを掲げながら渋谷から原宿を歩きました。フロートは23あったので、それぞれが伝えたいメッセージを持ち寄っていました。個人でプラカードを持ってる人もいました。(結構シビアなことが書いてあったり)

同じ願いや意思を持って音楽に乗って、共に歩く人たちと一体感が生まれるようなあの空気は忘れがたいです。尊い時間だと感じました。

自分が自分のセクシュアリティについて理解しているかどうか。愛したい人は誰なのか。大切なことはそれだけで、それをしっかりわかっている人たちがたくさんいた。
ただ純粋な自由があった。みんな誇らしげな顔をしていました。この日の代々木公園が、日本のあるべき姿だと思いました。

 

毎年右肩上がりで来場者が増え続けているそうなので、来年も更なる盛り上がりに期待。また行きたいな。

 

最近どうやらゆるく5月病にかかっているみたいで、書く手が止まりません。

part2にて、この日の後半戦をシェアします。

2017.5.6 WOMAN live

こんばんは、琴乃です。

 

この日は兄のバンド、WOMANのワンマンライブへ。

 

What's WOMAN?

genderless-genreless-fearlessをコンセプトとし、関西を拠点に活動するバンド。

サイト↓

http://www.woman-jpn.com/

メンバー皆温かく、音楽への愛が純粋で、本当に色んな人に愛されるべきバンド!

UKロックが好きな人も、シティーポップが好きな人も、ダンスミュージックが好きな人も、とにかく誰でも、必ず"この曲かっこいい!"がみつかる、幅広い音楽性と確かな技術力が魅力だと思います。

 

さて。ライブは難波のOCAT近くの

artyard studio

というギャラリーにて。

f:id:backmusic:20170514072422j:image

会場の雰囲気を動画でしか撮っておらず…しかも始まる前に1つだけ…。こじんまりとした、アットホームな空間でした。

f:id:backmusic:20170514072715p:image

バンドでは珍しい、VJによる映像演出も!下の方は私達観客の頭が影になっていて、それもライブの一体感を生んでいて面白いなと思いました(^^)音楽を楽しむ上で、視覚的な演出は本当に重要な役割を果たしますよね。

映像めちゃくちゃかっこよかったです!!!WOMANは似たような曲が本当になくて、映像も1曲ずつイメージが違っていました!!!(興奮)

なんていうか、個人的に

目で見た情報はすぐ心にガツンと刺激を与えてくれて

耳で聞いた情報は一旦体に染みわたってから心にジワジワと刺激を与えてくれる

そういうイメージがあって、だから映像なり照明なりがカッコイイと相乗効果で余計に音楽を楽しめるんじゃないかなって。

というわけで、とにかくエモくて楽しい時間でした!

 

まぁ〜なんと、空気が温かいのなんの。皆が彼らを応援して、彼らがそれを真摯に受け取る。

心が目に見えるかのような、血の通ったライブでした。私が1番好きな曲は"birthday"です、歌詞をじっくり聴きこみたくなる曲。

愛を集めて 君へ贈ろう

 

変わらない思いで、変わることを恐れず前へ進み続ける彼らを、私は応援し続けます。

 

気に入った方は、是非次のライブ一緒に行きましょう!

今後の活躍に期待!

 

Good bye!

2017.4.30 RACK

BGMzine ネットショップ

https://silentmidnightuk.stores.jp

 

ご無沙汰してます、琴乃です。

ネタがたまっているので、今日から数日間毎日更新いたします。琴乃祭だー!!

 

さて。この日は!

f:id:backmusic:20170513210938j:image

RACKというDJイベントに出品させてもらいました!

北浜のCompufunk Recordsにて(^^)

f:id:backmusic:20170513214557j:image

超お洒落でアーバンな雰囲気の中、お客様とお話をしながら販売させてもらうことができて幸せでした〜♡

 

What's RACK?

大阪を拠点に活動するDJ・Ashikagaがオーガナイズするパーティー。

開催場所はカフェや今回のレコードショップなどで、テクノやハウスを中心としたクラブミュージックをリラックスしながら楽しめます。

 

今回のRACKのテーマは、音を旅する。

DJの皆さんも、それぞれ自分の個性を活かしたプレイでカッコ良かったです!

自分のペースで踊れるムード、とっても心地よかったなぁ。え?韻ふめてる?お?笑

ゆるく遊べるパーティー、需要が高まりそうですね!

 

facebookにも書きましたが。

お陰様で、本当にたくさんの気づきをいただきました!

大切なことは、人との会話の中にひっそり隠れてる。それを見つけ出すために話す、ひたすら。

そして単純に、人と話すって幸せです!私のために言葉を選んでくれる時間を大事に思います。

f:id:backmusic:20170513220301j:image 

今回はBGMzineに興味を持ってくださった方一1人1人と、私の思いなどをお話させてもらったり、今後どうしていくべきかなどアドバイスをいただいたりと、かなり有意義でありがたかったです!感謝申し上げます。

 

何よりこの機会をくださった大好きなRACKのメンバーの皆さん、ありがとうございました!

 

そしてそして…こちらのCompufunk Recordsでお取り扱いいただけることになり、現在販売中です!!

あんなに素敵なお店に置いてもらえるのは光栄です。カッコいい音楽オタクさんの目にとまりますようにと、毎日祈っております。

もちろん私もちょくちょくお店に通います。

 

音楽好きの方はもちろん、オシャレな場所でお酒飲みながらチルアウトしたいぜって気持ちのときなど、是非北浜のCompufunk Recordsに足を運んでみてくださいね♡イベントも不定期で開催されているみたいです♪

f:id:backmusic:20170513220829j:image

この写真のレコードはほんっの1部です!思わずどんだけ〜!言うてまうほどのレコードの豊富さ!視聴もできるっぽかったです(^^)そのへんは次行く時またクリアにします。笑

 

イベントも関わる方が興味があるし、今後も身の程わきまえず色んな人と関わることに幸せを感じながら挑戦したり遊んだりします^_^

 

面白いイベントをもっとたくさん見つけなくちゃ!

BGMzine is Traveler!!

色んなイベントに積極的に出品していきますので、どうぞよろしくお願いします!!

 

Good bye!

2017.4.28 at standardbookstore

BGMzine ネットショップ

https://silentmidnightuk.stores.jp

 

こんにちは、琴乃です。

 

先日はスタンダードブックストア心斎橋のトークイベントに行って来ました。

 『ポートランド・メイカーズ クリエイティブコミュニティのつくり方』刊行記念 山崎満広トーク&サイン会

始まるギリギリに行って、omg。人がたくさんいて、しかも仕事帰りのスーツ着た人とか、人生経験豊富そうでもう既に何か面白いことしてるのかなみたいな人ばっかり。

"来るところ間違えたぁあぁあ?!"

だがしかし屈しないのが俺やで。笑

 

今回のトークは山崎さんが本で紹介しているインタビューをされた6人の方々についてのお話を、山崎さん視点で話してくださるという内容。あっという間の1時間!6人とも本当に個性的で独自のセオリーを大切にしながら熱心に働いていらっしゃる。自分の働き方って…とちょっと泣きたくなるぐらいかけ離れていた…。当たり前だけど、この人たちに1ミリでも近づきたいという気持ちで生きなきゃなと思いました。

何よりとにかくポートランドが魅力的で泣いた。本気で暮らしてみたい。都市と自然の共存。住む人の心も身体も健康な街なんだなって印象を受けました。zine発祥の地だし、本気は結構みんなが思ってるより本気です。

BGMメンバーのななみが既に行って素晴らしい人生経験をしたみたいだし。彼女も素敵だし。

 

そう、その後に懇親会があってそれも残って、あー私はさすがに浮いてることを否めないなーとか思いながらとりあえず真ん中に座るっていう。笑

だってチャンス掴みたいじゃん!!誰か面白がって話しかけてくれるかもしんないじゃん!!

そしたら運良く主役の山崎さんが隣に座ってくださり、何してるのか聞いてくださり。短い時間の中で、確実なアドバイスをいただきました。

とにかく気さくな人。ずっと前から知り合いだったかのように接してくれて、笑わせてくれて。浅はかな言葉ですが、さすがとしか言いようがなかった…。

そして最終的に席が近くだった方々とじゃんじゃんお話をさせてもらった。みーんなやっぱり既に面白いことをしている、柔軟な人たちで!

素晴らしく貴重な繋がりができて、素直に嬉しいです!また皆さんにお会いしたい!

 

なんであんなに素敵な懇親会だったんだろうって、真剣に考えました。

山崎さんのトーク内容や人柄がフレンドリーで、笑いながら学べて、誰かと話したくなるような空気が流れてたからかなって。誰が何を話すか、つまり誰が何をするかによって、空気が作られる。私はアウェイだったけど、この空気は感じ取ってました。

でもやっぱりそれぞれが勇気を出したり(やっぱりほとんどの人にとって知らない人に話しかけるのは勇気がいることだと思う)、人と話したい、聞いてもらいたいと思う気持ちを持ってその場にいたこと。みんな、自分が普段接しないような人とも思わぬところで共通点があったり面白い気づきがあると知っていたこと。

まさしく"クリエイティブコミュニティ"が生まれていました。

途中からすっかり居心地が良くてたくさん笑って話して、あれ!楽しいやん!え!嬉しいやん!とか思いながら私も話の輪に入れてたんです。笑

f:id:backmusic:20170501162323j:image

東さんが撮ってくださった写真がめっちゃ良い。拝借します!

 

素敵なイベントに行って本当に良かった。

シャイガール、羽を伸ばし中。

 

Good bye.

2017.4.28 shy girl talk3

BGMzine ネットショップ

https://silentmidnightuk.stores.jp

 

こんばんは、琴乃です。

寝ても覚めてもネットサーフィン。ほぼSNS

良質なアカウントをフォローすることにより情報の質も上がるのはマジですね。

でもネットよりリアルで動き回りたいから、5月動き回りまくるんですけどね。笑 月の半分しか大阪にいない。笑 5月楽しみすぎる。

油断したら臆病になるのをグッとこらえて、音楽を聴いたり、映画を観たり、雑誌読んだりするのよね。カルチャーに救われてる。もう全然、娯楽どころじゃない。

カルチャーは、人を救うんだよね。社会だって救えるよ。
今年はガールカルチャーをもっと追究する。私の専門は、これだね。

f:id:backmusic:20170427015427j:image

最近ガールカルチャー好きそうな人っぽい自撮りできました。インスタとちょっと表情違うのわかりますか?10枚ぐらい撮り直してますからね。そのうちのアゴがシュッとした2枚ですよ。みんなそんなもんだよね。

 

そうそう、そうよ。本当に油断したら臆病になる、引きこもる、何もしなくなる。ほんと笑い事じゃなくて。
やりたいことがあるゆえの辛さとか、日々それとの戦いで。もっと楽に生きれたら良いのに、やりたいことがあるゆえの喜びや幸せに触れるとき、あぁ私この為に苦しんでるんですって。
繰り返す。

 

やりたいことをやらないって選択がどうしてもできなかった。スタートダッシュが遅い分、この先ポキっとなる時期を挟むことはないんじゃないかなって。どうせやーめたってなってもやりだすから。わかってるから、やーめたってなる時期が無駄。
空白の時期に、言いたいことをクリアにしようともがきにもがいて、私は良かった。

 

みんなに良い報告ができるように、いっぱい勇気出してます。

 

See you next time.

Love to you!

2017.4.20 pretty morning

こんにちは、琴乃です。

 

久々に朝活した。今後BGMzine関係で郵便局にお世話になるから生活リズム合わせるべきだなって。私にとってタイムリミット17時は、えぐい。

 

でも朝方まで起きてるのが好きなんですよねぇ。夜中の何が好きって、マイペースに・大胆になれるところ。

世間は寝静まってて、起きてるのは遊んでる人と白眼になりながら働いてる人。両極端の中に、モヤモヤと眠れずに無駄な時間過ごしてる人がコッソリ混ざってる。

このアンバランスな感じが好きだし、他人よりも自分を大事にしてokな時間って感じ。だから人に見てもらう文章を書くときはほとんど夜中。それで朝になって冷静な目で見返して、世に送り出すの。

 

f:id:backmusic:20170420131458j:image

今1番観たい映画、20センチュリーウーマン。グレタ・ガーウィグに惚れてしまっているから、みんなにも見て欲しくて。笑

 

でも平日のお昼間も好き。嘘みたいに綺麗に晴れる日は、泣きたくなる。でも泣かないの。泣いたら涙が出ることに集中して頭が空っぽになるから。

泣きたくなるっていう、この状況が好き。つまり泣くことに憧れを抱きながら、晴れた空に隠れて色んな気持ちが生まれたり、それについて考えたりできるから。とてもロマンティックで良いね。

 

LA LA LANDのセブの台詞に、ロマンティックで何が悪い?ってのがあって。それが心から好きで、私もこういうスタンスで行こう!ってもろ感化されたの。笑 でもそれなら、ある程度の孤独と共にいないといけないとも思う。

例えば近い距離の人がいたら、私の表現を抑制されてしまうかもしれない。そういうことを心配するくらいなら、孤独を選ぶ。

だって孤独でもちっとも寂しくないし、自分の内側が豊かになるから。邪魔されることが許せない。笑

これを強がりだって思う人は、とっても視野が狭いし、これをその通りだって思ってくれる人は、素敵な孤独を知ってるんだね。

 

さぁこの後も、有意義な時間を過ごそう!

 

Good bye♥︎

BGMzine out now!

こんばんは、琴乃です。

今日からBGMzine販売開始しました!

 

f:id:backmusic:20170418094912j:image

 

https://silentmidnightuk.stores.jp

 

関西圏以外の方は、↑こちらからご購入ください^_^

可能な限り直接販売させていただければと考えています!こちらの記事にコメント(下にコメントを書くってボタンがあるよ!)や、ライン、メッセンジャーなどなど、是非ご連絡ください!

私から直接連絡しちゃうと押し売りになっちゃうから…買わないって言いづらいでしょ?笑

誰でもご連絡お待ちしております!よろしくお願いします♥︎

 

 

私、編集長よりご挨拶。

 

私が支持したいのは、いつだってシャイガール。

それは私自身でもある。幼少期は家にこもって、1人でお人形遊びか母親に自作の物語を語っているような子だった。

それが今や、こうして雑誌を作っている。誌面を通して、世界と繋がっている。

 

貴女に伝えたいこと、共有したいこと、たくさんある。

貴女の内なる魅力を、I know.それらを引き出すために私はつくり続けます。

 

夢を語り、まだ見ぬ世界に憧れを抱き、日々をそれとなく過ごす時期は終わり。

夢に向かい、初めて見る世界に触れ、かけがえのない日々を過ごす。

 

一緒に過ごしましょう、かけがえのない日々を。

貴女とこの身を持って抱擁できる日を、私は心待ちにしています。

 

Kind regards,

Editer in chief of BGMzine

Kotono Utsunomiya