2017.09.12 Tokyo Art Book Fair

BGMzine ネットショップ

https://silentmidnightuk.stores.jp

 

夜分にすみません。今回は告知です。

10月5日〜8日、私達BGMzineは!

Tokyo Art Book Fairに出展します!!!!パチパチパチ

(ちなみに5日はレセプション的なやつ)

 

350組以上が出展する、音楽フェスで言うところのフジロック的な日本最大のブックフェスです。選考に勝ち抜いて出展できるのであります。ヒィーア。

 

zineを作る中で、今年の目標だー!!!と意気込んでいて、issue4はこの為に作るのだぐらいの気持ちでした。

でも今は違います。

様々なイベントに出展させていただいたり、濃厚なショップにお取り扱いいただいたりしている方々の恩返しに繋げたいという思いが芽生えています。そして出展出来たのも皆様のおかげです。(活動内容に書かせてもらったので、綺麗事でなく本当にそう)

私は責任を背負ってzineを作っています。むやみやたらにやりたいぜ〜セイホーオ!なノリでzineをつくってたら、今までの経験はなかった。そして関わってくださる方々は、この責任をしっかり見抜いてくださっているのだと思います。

 

zineを作ることで、本当の優しさが何かを感じることができます。

人と繋がることが出来ます。

 

今は絶賛制作活動中なのですが、やはり責任があらぬ方向へいって私をがんじがらめにしたりするんですよね。"プロが見ても納得する文章を早く書けるようになりたい。"ってね、正直思ってしまいました。

もしプロを納得させたとして、私は支えたい女の子たちに何を伝えることができるのよ?

メンバーの、"私たちは私たちでやろう"という言葉で、私は私に帰ることができました。

 

本当に私は、すぐ人の評価を気にしてしまうんですよね。すごくずるいところがあるけど、ずる賢くはなれないの。笑

 

何はともあれ、迷いながら迷いなく作れています。うふ。

次号は、

BGMzine issue4 夢なんてなければと思う夜もあったけど

お楽しみに。よろしくお願いします。

表紙はまた七海のイラスト、心待ちにしましょうね。

 

 

kiss you、よい1日を!

2017.09.09 voice

BGMzineネットショップ

https://silentmidnightuk.stores.jp

 

おはようございます。

 

今日は、新しく発売されたScawaiiの表紙を見て感じたこととフェミニズムについて話します。

f:id:backmusic:20170909090656j:image

全てにツッコミを入れます。

 

まず1番大きな見出し。ちぴみたいにならなくて良いです。ちぴはちぴとして生きていて、あなたはちぴに憧れながらあなたの人生を歩むべきなのに。

ゼッタイ20代で結婚すると、自分で自分の首を絞めなくて良いです。仮にしたいとしても、何歳でも良いのに。

これに対してScawaii側は、今の読者の将来の夢第1位はお嫁さんなので読者のリアルな声を反映したとのこと。ここでマイノリティに目を向けるという選択肢がないことに悲しみブルーな琴乃ちゃんです。 

 

お嫁さんになること、それも立派な夢ですよね。でも安定を求めてお嫁さんになることが夢、とたくさんの20代の女性が言うこと自体、私は社会の闇を感じずにはいられない。

それは夢と言えるのでしょうか。社会に対する失望は1ミリも混じっていないと、誰が言いきれるの?

そしてその夢(はっきり言おう。夢と言いたくないわ)に対するScawaiiの姿勢が伺える小見出しをツッコんでいきましょう。

 

左上。ちぴみたいに(またかよ)プロポーズされたいってか彼氏欲しい。きました、読者の声を反映。彼氏いるかどうかで人間の価値が決まってしまうかのように見えます。違う、そうじゃない。

 

左下。合コンでひとり勝ち…。闇かよ。

 

右から2番目下。あくまで自然に出会える方法は?!22歳からの婚カツ♡………一体誰の目を気にしているんですか。

 

右下。結婚できるか不安なやつ、ちょっと来い。ってはい、行きません。結婚できるかどうか自己分析したとして、出来ないだろうなと思うことに対して不安を抱く必要はないのに。

 

内容はネットで少し見ただけですが、まぁ失望。結婚する為の経験談にコンドームに穴を開けて授かり婚、"売れ残り"というワードが使われていたことには憤りを覚えました。

 

誰に女性を売り物とする権利がある?フェミニストとして、1番許せない言葉です。男性の皆さん、これに対して少しでも違和感を感じたらあなたもフェミニストです。女性の皆さん、私達は売り物じゃありませんよね。

 

フェミニズムは、女性の権利を優位にしろと言う思想ではないと私は言い切ります。しつこく言い続けます。

おかしいでしょ?女性が売り物だと表現することが許される世の中。おかしいと思うことが当たり前とされるべきだ、と主張することがフェミニズムです。そして自分は売れ残りだと焦る人に、あなたは売り物じゃない、人間なんだからと訴えることもフェミニズムなのではないかと思います。

 

本当に、ついにここまで来てしまったのかという気持ちです。日本でフェミニズムを訴えるのは困難です。でも、訴える人が増え続けたら、世の中はもっと良くなると思います。

 

もっと言いたいことがありますが、特に言いたいことを早く言うことに意義があると思いました。

このブログを書いたこと、私は誰にも謝らないし後悔はしない。

2017.08.27 in the highway

こんにちは、琴乃です。

BGMzineネットショップ

https://silentmidnightuk.stores.jp

 

高速バスの中で、バス酔いしないように気をつけながら、思いついたこと書くのよ。

 

他人に対する日々のモヤり。

写真を撮る時だけ楽しそうな顔して、撮り終わったら各自スマホ遊びに戻るっていうリアル。もう嫌ってぐらい目の当たりにする。街歩いてたら大概でくわす。しかもこれ若者に限ったことじゃないからね。病んでるわ〜っておもう。

そんなのつまんないじゃない。人とそんな過ごし方したら、そりゃ"寂しさ"が"悪"になるのも無理ないよ。

 

はっしゅたぐ、今日まじ笑いすぎて死んだ

はっしゅたぐ、また遊ぼうね

はっしゅたぐ、みんな大好き

 

現実、アンタ調子はどうなのよ?

 

 

 

ってところまで書いて、ハッとしたの。私は外を出歩いていると、リアルを知るんだなって。私は引きこもっていたら、多分他人のキラキラな日常に押しつぶされて死ぬだろうなって。

どれだけSNSで他人のキラキラな日常は気にしなくて良い的な投稿を見ても、そんなのわかってるよ!っていじけちゃう。

とにかく出歩こう、これに限る。

自分の生活を充実できようができまいが、それすら重要なことじゃない。充実していればなんの問題もない、充実していなければ、出歩いて、人間観察をしよう。他人の笑顔の中に、満たされない憂いを見い出せるようになるまで。

出歩こう!世の中がいかに素晴らしいか、いかにつまらないか、自分の目で知ろう。リアルを見つめよう。

 

そしてついでにインスタ映えという言葉を一刻も早く死語にしよう。笑 なんかインスタの為に頑張ることを正当化している気がして嫌いなんだ!!めっちゃメディアに踊らされてる感あって嫌いなんだ!!!チェッ!!インスタがビジネスに侵されすぎていて悲しい。それはつまり写真で誤魔化さないと、話題を集めないと、売れないつまらないものが世の中にたくさんあるということではないのか?!?!消費者を馬鹿にしてんのか!!!!!!薄っぺらいもん作るぐらいなら大切な人との時間過ごしたいだろ!!頑張って働いてるだろみんな!!なのに…!!もどかしーなーオイ!!

 

やば、何言ってんの。笑 ブログだから許されるということで、良しとしてもらえますかね。笑

 

じゃ、またね。

2017.08.09 I don't care! (really?)

私が金髪ショートヘアで前髪が長いのは、幼くみられたくないからと、なめられたくないから。あと覚えてもらいやすくするため。

でも最近、この髪型に価値を感じなくなってきた。

 

幼くみられようが、なめられようが、もはや、どうでもいい。

人は外見が全てだという言葉を、誰から教えられたわけでもなく信じてきた。内面は外見にでるから、その通りなのだと。

私が浅はかな人間を嫌うのは、自分を見ているようだからなのかもしれない。そしてそれを絶対に認めたくなくて、浅はかな人間を意識的に、他人として見てきた。

自分が浅はかだということを飲み込むのは、(無価値な、けれど大切な)プライドを踏みにじることで、それがどうしてもできなかった。

浅はかな人を見下すことで、1番安心を得られた。"私より"浅はかな人がいることは、どんな親切な言葉より、私を落ち着かせていた。軽蔑しながら、安心していたなんてね。

人は外見が全てだという言葉は、たくさんの可能性を含んでいるということを意識しなければならない。そしてこの言葉に縛られてしまっては、何も変えることができない。

 

わたしは本当の自由や、本当のI don't careについて、目を向けてこなかった。私はたった今から、これらについて1番に目を向けていきます。

 

わたしは変わり続けたい。そしてその中で、変わらない自分を育てたい。外見は、勝手についてくるでしょう。

2017.08.02 angry or die

お久しぶりです、琴乃です。

1ヵ月以上更新をサボってましたね。そろそろ更新したら?みたいなメールがハテナブログから来ました。マメですね。マメな男はすぐ彼女作れるよね。(関係ない)サボってたのも、ブログはすごく丁寧に毎度記事を書いていて、正直億劫やったんですよ。でもこれからは気楽にやっていこうと思います。よろぴく。

 

次号のコンテンツ、自撮り・ビッチ・SNSのいいね!。攻める。いろんな考えありますけども的な前置きはしない。いろんな考えをインプットした結果を発信するねんから責任持つ。ズンズン攻める。
面白くないと嘆くだけの人間が多すぎるねん。世の中面白くないなぁと斜に構えて全てをわかった風にかっこつけとる人間も多すぎる。
無責任な人間が多すぎる。
怒ってんねん、あたしは。そんな怒らんでもwwとか聞こえてきそう、ツバ吐いたろか?世の中に目を向けて生きとったらそら怒るで。なんで世の中に目を向けてるかって?世の中を変えるために決まってるやろ頭使えやボーッとしとらんと。
怒ることは疲れるねんから無駄な労力使わんときやとかもよう聞くわ、最悪なことに学生時代から。人生省エネモードで気づいたらおっさんおばはん?それこそダサイで。

あたしら20代、わからんこといーっぱいあるで。面白いこと探すも良し、生み出すも良し、見て楽しむも良し、その他でも良し。嘆くだけはあかん。何も変わらんから。

別に変える気ないしって聞こえてきそうやな、ほんならお前外野やろ、黙っとけって。面白くないって1度でも嘆いたら、責任もたなあかんって。

最近しきりに思う、どんな些細なことにも責任持って行かなあかんなって。だから自分から、責任持とうってめっちゃ意識してる。

恥ずかしいけど、あたしは無責任な人間でした、ほんまに。

恐らく君よりも無責任やったと思うわ。些細なことばっかりとしても、その積み重ねが怖いやん。

ZINEを作るだけで、すごいねって言ってもらえる。あたしはその度に、今までの後悔とか失敗とかを思い出す。何もかも美化せず生きることはたまに苦しいけど、無責任さの代償を背負って(中二病炸裂しすぎ、そら猫背も治らんわ)偉そうに怒るのは権利も資格もいらんはずや。てかいらんやろ。

最初に話戻りました。笑 ただいま。笑

攻めると怒るは=の関係ではないけど、相性は良いやん。

 

また続くかも、この話。続かんかも。気楽にやるから。

 

大阪弁だしまくりボンバイエって感じやから関西圏以外の人、意味わからんかったらごめんね。

2017.6.20 NEO analog

BGMのメンバーが本当に大切すぎて、同時に心を通わせることが当たり前のような感覚になってきてもいて(もちろん奇跡だと理解してるけど)、大切と当たり前の両方を感じられるのは贅沢だと、ふと思う。今年に入ってから、しばしば、涙している。1人の夜、彼女達の存在をすぐ側に感じて流す涙は、秘密にしていたいけど、これすらも発信するのが私らしい。
孤独を感じて泣いてるティーンエイジャー、マドモアゼル、私の涙を分け与えたい。

 

すごーく疲れてしまってた。今の時代、ネットをうまく使って情報発信しなきゃって。
どうやって行こうかしらってネットサーフィンしては溺れて、その繰り返しで。
マネから始めよう、とは言え、どれをマネしたらいいのか…って。溺れるどころか力尽きて沈む。
でも絶対にまたアナログが面白い時代が来るからね。
みんなウンザリしてるでしょ。薄っぺらい飽和した情報に。
みんな気づいてるでしょ。正しさは自分の中にあるって。
温かさはとりあえず暖色系で表現しとけ、ほっこりって言葉使え。みたいなの、簡単に見透かせる。舐め腐ってる。もうそんな浅はかな温かさ必要ない。
ネオ・アナログ。温かさを心で感じられるメディアをBGMで実現できるように模索します。

 

自分がやっていることを、楽しもうって、そういう感覚を、BGMを世に出してからすぐ失いそうになってしまう。少しでも多くの人に満足してもらいたいとか、期待を上回りたいとか。

でも何のために、誰のために、私の心を発信しているか、わからなくなってしまうなんて、絶対に嫌よ。

貴女の内なる魅力を引き出すために、私の心を発信するの。魅力的な人たちと共に発信できるように、楽しいことを選ばなくちゃね。

みんな、楽しいことが好きなんだから。それに女性の魅力なんてもんは、底なし!既に魅力的なんて大前提。もっともっと!欲張りに行きましょうよ。

 

飽和すべきは情報じゃない。個々の魅力よ!!

 

f:id:backmusic:20170620021351j:image

2017.06.12 Birthday trip!

こんにちは、琴乃です。

 

今回はまじで普通すぎる日記です。でも楽しい気持ちで書くので、どうぞご贔屓に。

 

12日は、24歳の誕生日でした(^^)どこか行きたいと思って休みもらってたので、だいちゃんことDJtanakaの住む愛媛へ遊びに行くことに。

彼に会うのはGWぶりです。


金曜夜から夜行で愛媛行って、朝めっちゃ早かったけど始発で会いに来てくれました。その後朝ごはん食べたところで私が謎に結構寝ました。笑

なんなんだ愛媛…落ち着くぞ、と。(実際めっちゃ謝った。)

お昼ご飯美味しいつけ麺食べてから、彼がよく行く服屋さんや、松山城行ったり(城も凄みがあったけど、リフトに1番テンション上がりました。景色も良いしゆるく吹く風が気持ちよくて)早速愛媛を満喫です。

f:id:backmusic:20170613104548j:image

そして1日目の宿は道後温泉街のホテル。彼は地元民だから逆に泊まらないみたいで、それならもう道後温泉しかないねと。

射的したり(クセが強)じゃこ天と道後ビール飲んだり、道後温泉の誇り高き歴史を見学したり(天皇の泊まった部屋とか坊ちゃんの舞台とか…アバウト)、あっという間に夜になりました。

この時点でもすでにめっちゃ楽しんどるやないかいって書きながら思う。笑 お陰様です。笑

晩ご飯は鯛尽くしの美味しいご飯食べて、また謎に結構寝てしまって笑、大浴場でくつろいで1日を終えました。道後温泉は明日の朝です。

 

スペースをじゅうぶんに使って言います。

温泉は、良い。

 

よし、スペースをじゅうぶんに使ったわりには普通すぎること言ってますが、気を取り直して2日目のお話を。

f:id:backmusic:20170613110648j:image

朝から機嫌よくタオル回してました。

健康的で美味しい朝ごはんを食べてチェックアウト。

ローガン観て、(彼はマーベル好きの為か、途中からずっと前のめりで鑑賞してました。私はバックグラウンド全然知らないのに泣いたわ。笑)

螺旋というめちゃくちゃイケてるブックショップに行きました。服屋さんのスタッフさんがオススメしてくれたお店で、海外の雑誌やアートブック、写真集などから国内のZINEまで幅広く取り扱う、エッジ効きまくりだけどカルチャーに敬意を抱いていることが伝わるコアな品揃え。とにかくめちゃくちゃイケてらっしゃる。笑

ディープ愛媛。

初めてみるものばかりで、かなり必死で色々と見させてもらいました。世界は広いし深い。

買ったもの紹介しますね。

これはだいちゃんが誕生日プレゼントにって。

VINYL RIOT

 f:id:backmusic:20170613213833j:image

2009年、当日14歳だった編集長の女の子が、若手アーティストの新たなプラットフォームとして始めたマガジン。この号は2013年のもの。誌面はアルビダちゃんなど、かなりかっこいいアーティストの作品ばかりでした。どうやって彼らを起用したのかしら。直感で買ったのにめっちゃ好きでした。

 

店主の玉井さんとお話して、BGMのお話もさせてもらったら、意気投合できることも多くて、かなり色々話してくださって、それならこれもって勧めてくれたZINEも購入。

KAZAK

 f:id:backmusic:20170613213847j:image

aggiiiiiiiさんという方のzine。とにかく読めば彼女のことがかなり大好きになる!!!笑

まだガールカルチャーの方は読み切れていないのですが、濃密でオリジナリティ溢れる内容が魅力的なKAZAK、かなりツボです。

何より玉井さんとは定期的にお会いしたい、まだまだ聞きたいことがたくさんありすぎてちょっとどうしよう、お店行こう、と思ってます。嬉しい出会い。くぅ…。

 

ほくほくな気持ちで、夜はJimanicaさんのソロツアーwith吉岡たくさん!だいちゃんもDJ出演。私は客として最前で最初から最後まで踊りました。笑 かなり楽しかったな〜。最後はアテンドに一緒に行かせてもらって、充実した素敵な夜でした。

f:id:backmusic:20170613205302p:image

 f:id:backmusic:20170613213833p:image

ディープ愛媛…。

 

そして誕生日当日は、彼が有給とってくれたおかげでいっしょに過ごせました!昼まで寝てケーキ食べて鯛めしとじゃこ天食べてバイバイしました。

f:id:backmusic:20170613213832j:image

f:id:backmusic:20170613213832j:image

 

最後めっちゃ雑いけどもうさすがに良いでしょう笑

出かける前に、ゆるめなサプライでプレゼントくれました!昨日雑誌買ってくれたやんー!ありがとうー!ってな具合ですよ。笑 すっごい色々考えてくれたんだなって思うチョイスで、嬉しかったな。

 

また来月!次は彼がRACKでDJしに大阪に来ますよ。楽しみにしときましょう。

 

ご清聴ありがとうございました!